これが解けるか!

Can this be solved!

これが解けるか!

線香花火

 浜辺へやってきた。時刻は午後9時。盆を過ぎても暑い夜は続いており、家の中などの屋内では夏の終わりを感じられることはほとんどない。しかし、浜辺には深い青色のように、爽やかで心地よい空気が満ちている。風が涼しい。浜辺では早くも秋が始まりかけているのかもしれない。たぶん、ここはいち早く秋の足音が訪れる場所なのだろう。

 今年の夏ももうあと残り少しだ。夏が終わることを思うと、一抹の寂しさと悲しさが胸にこみ上げる。その理由は自分でもよくわからない。

 瞳を閉じる。波の音と風の音が聞こえる。不思議な音だ。ふと、過ぎ去った大切な日々が頭をよぎり、胸の奥がじんと熱くなった。私も、あの人も、他のみんなも、いつか彼らの仲間になるときがくるのだろう。

 ライターを手に取って火を出す。風が吹いて明るく淡い橙色の炎が揺らめく。その炎に線香花火を近づける。線香花火に火が着き、先端部が美しい橙色の光を出しながら丸まっていく。思わず、ああ、とため息が漏れる。

 人はなぜ花火に興じるようになったのか。そして、今も興じ続けるのか。

 きっと答えはたくさんあるのだろう。私は正解を知りたいわけではない。正解を決めたいわけでもない。きっとそんなものはない。ただ、今はなんとなくそんな意味のないことを考えていたい。

 生存本能ではないだろう。人間が今よりもずっと野生動物の危険性を警戒する必要が遠い昔の名残で、本能的野生動物除けになると感じている可能性がないではないが、当時の視点から費用対効果を考えたとしても、あまりしっくりとこない。

 では、美しいから、というのはどうだろうか。いかにもありきたりな、気どった人間が考えそうなことだ。しかし、案外そういうものかもしれない。花火の美しさは多くの偶発的なきっかけや出会いを作り出す。一瞬の安息をもたらしてくれる。思い出を美しく、そして少し物悲しく胸の中にしまい込んでくれる。花火は疲れたもの、多忙な日々を戦うもの、葛藤するもの、絶望しているものを救うことはできないかもしれない。だが、花火がもたらす一瞬の安息が人々が自分の足で立ち上がるきっかけになることならあるだろう。それだけでよいのだ。少なくとも、私にとってはそれで十分だ。

 線香花火の火球は大きくなり、断続的に放電のような火花を散らしている。

 線香花火の火球の向こうに大切な人たちや自分自身の姿が見える。そっと瞳を閉じる。火球が弾ける音だけが聞こえる。私は私たちのために祈った。瞳を開けると、火球はもう落ちていた。なぜか一筋の涙がこぼれた。夏の終わりの、物悲しくて贅沢なひとときだった。

 やはり海はいい。

 しばらくして、私は浜辺を後にした。浜辺には淡い秋の香りと、一抹の悲しみだったものが残った。

【問】

○登場人物が下線部「やはり海はいい」と思ったのはなぜだろうか。理由を推測しなさい。

○下線部「一抹の悲しみだったもの」における、「一抹の悲しみ」とはどんなものか。推測しなさい。

○下線部「一抹の悲しみだったもの」は浜辺に残った。浜辺に置いて行かれたこの後どうなるだろうか。また、登場人物はどんな気持ちで浜辺を後にしたか。あなたの見解と、そのように考えた理由を説明しなさい。